2006年07月06日

合格しましたヽ(´▽`)/

バイク合格.jpg

じゃじゃん。

先ほど検定に合格しましたヽ(´▽`)/


実は、3度目の正直。

あまりにもブルーなので、書かなかった2回目は。

緊張して、クランクに入ったら

実はこれ怖くねー?と思ったら、

足を付いてパイロン(三角ポールみたいの)を倒して、

即退場。でした。


2輪はそっこーで検定終了となる事故が色々ありまして。

急制動で線を越す、

クランク、スラロームでパイロンを倒す、

一本橋で落ちる、

バイクをこかす、などはそこで終了となるので。


いっつも練習では出来ててるんですが、

ちょっと操作間違えたら間違うよなーっていう、

プレッシャーとの戦いでした。


「私は出来る子、落ち着いてこなせば大丈夫」

と、念仏のように唱えて走りました。


勝った!

I am winnerヽ(= ̄▽ ̄=)ノ


走り終えた後、ずっと目を光らせてた検定員さんにも、

「やっと完走できたね〜^^」

と言われ、もう、泣きそうでした。


指導員さんたちにも報告してお礼を言い、

帰り道には今まで全くしゃべったことのなかった、

事務の管理職っぽいおじさんやら、

送迎バスの運転手さんにも、

「受かったんですか?おめでとう〜^^」

と声をかけられびっくりΣ(T□T)


きっと、このお姉ちゃんまた受けてるわ〜と、

見られてたんだろうなぁ。

ちょっと恥ずかしいけど、受かったもの勝ちです。


ホント、この歳になっても

出来ることが増えた

というのは、とっても気持ちが良いです。

思えば先月には、

「エンジンキーってどこに差すんですか?」

という、超初心者ぶりから始まったんだもんなー。


price:教習料金+36000円の追加料金Σ(T□T) +相当な時間

普通自動二輪免許+頑張れる私という自信:priceless

ですよ。ホントに。


追加料金がげんなりですけどね。

まぁ、イイオンナにはお金がかかると決まっててよ。

ほほほっ・・・あ、すいません。


旦那はライダー用の皮のグローブを、

合格祝いに用意していました。


明日にはvoltyちゃんも来るし。

ウニ食べに行こうっと♪

















posted by hopucho at 15:21| ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

バイク入手♪だけど〜ぼくには〜♪

ヤフオクで、

前から狙っていた

スズキのVoltyを落としました♪

7日にはおうちにご到着予定です(´ー`)ノ


我が家専属の行政書士である旦那。

オークション出品者とのやりとりや、

必要な書類調べや契約書や。

色々やってくれてとてもありがたいのですが。


今日、新しい替え歌が出来ました。

「だけど〜hopuchoには免許が〜ない〜♪

 バイクに〜乗れる〜免許がない〜♪」


西田敏行の

「もしもピアノが弾けたなら」

のメロディーに合わせて!

私の目の前で歌いやがる!


かかっている追加金額を考えると、

チックショー!

チクショー

と、あまり大きな声では言えないのですぅ。

posted by hopucho at 22:15| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

おーちーたー

密かに今日はバイクの検定だったんです。

密かに毎日教習所通ってました。


坂道発進、急制動、8の字、クランク、

スラローム。

全てうまくいったんだけどー。

最後の一本橋で。

見事に落ちました。


最近ずーっと、失敗したことなかったので、

ホントびっくりだったんですけど。

落ちた瞬間、

「マジカー!」

って、口に出てしまったくらい。

何があるか分からないもんね。


朝に検定終わったら、午後免許の申請に行こう♪

と思って、会社もまる1日有給をとったのに。

ふて寝したましたよぅ。


おそるべし一本橋!
posted by hopucho at 20:32| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ヘルメットぶつけられません

昼休み、会社の女性が集まっている休憩室で、

私がバイクの教習に通っている話から、

ドリカムの「未来予想図U」の、

サインの話にワープしました。


「未来予想図U」を一人カラオケしたい方はこちら

私はお先に歌いきりましたよ。はぁすっきり。


♪2人でバイクのメット 5回ぶつけたあの合図〜♪

てやつですよ。


あれってどのタイミングでやるのとか言ってたら、

私の同期約1名の手振りがおかしい。


ん?

それってヘルメット持ってる?

みたいな。


どうやら降りてヘルメットを持った状態で、

二人で向かい合ってヘルメットをごちんごちん

ぶつけているのだと、

思ってたそうです。


あれは二人乗りしてる状態で、

声が聞こえにくいので、

後ろからサインをするわけだよね?


「降りて落ち着いてるなら口で言えるだろ!」

って、もちろん突っ込みました。


そんなやってるカップルに出くわしたら、

やだな。


と言う話をしたのが先週。

で、長沼にタンデムで行ったときに。


私ってば後ろでひっそりトライしてみちゃった♪


が!


旦那のバイクは前つんのめりで乗るバイクで、

ヘルメットぶつからね〜!

Σ(T□T)


いや、ぶつけようとしたら、

こっちも思い切り前屈姿勢になって、

危ないのね。


伝えたいのに伝えられないの('−'*)

ああなんて純情きらり☆


旦那に報告したら、

「無理にぶつけないでくれ。危ない」

だってー。ちぇっ。


教習のとき、

バイクだと助手席がないので、

先生の後ろに乗って、

実技を見せられながら指導されることが、

1時間に一回くらいあるんだけど。


女の先輩から、

「今度教習が延長になりそうだったら、

とりあえずヘルメット5回ぶつけてみなっ。

即合格かもよ!」

という、アドバイスを頂きました。


出来るだけ避けたい技なので、

正当な方法で頑張りたいと思います。











posted by hopucho at 21:54| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

2段階に入りました

最初は、シュミレーターで標識に沿った運転の練習。

2時間目には実車して、急制動。

50Mくらいのところをぐーんと時速40kmに上げて、

急ブレーキをかけるというプレーです。


40kmで失敗転けしたら大けがするよ〜っと

脅されるんだけど、

そんな脅されたらうまくいくものもいかないじゃないか!


バイクには手のブレーキ(前輪)と

足のブレーキ(後輪)があって、


先生が運転する後ろに跨った状態で、

手のブレーキだけかけた状態と、

足のブレーキだけかけた状態をして、

「こんな怖いことになるよ〜」と、

やってみせてくれたのですが、


マジ怖いんですけど!

手だけだと前につんのめり

(ちなみにこれは最初に自分で体験済み。

 この時のアザはまだ青々しく残っています。)

足だけだと尻フリになるのね。

ちなみにこの芸は、

上手い人じゃないと安全に出来ないようです。


人怖がらせて、面白がっているねあれは。


私はと言うと、最後には

「時速出し過ぎ!」と言われました。

じゃじゃ馬ぶりが出てしまったようだわ。


2時間乗ってぐったり帰宅したら、

旦那ちゃんお手製の

チャーハン&スープが出来てました。

し・あ・わ・せO(≧▽≦)O

最近食料品の買い出しに行ってなくて、

食料がなかった中からのお料理です。

さすが一人暮らし10数年!


最近結婚前の友人に、

「どっちも一人暮らしした方がいいよ」

と、お節介な言葉をかけています。

私は実家からだったのにね〜(^-^;A


そして私、早くも検定の日が決まりました。

来月には札幌近郊に、こんな標識が乱立すると思われます。

危険.gif

意味:hopuchoが走っている危険があるので、周囲を良く確認しましょう















posted by hopucho at 00:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

みきわめパス

いや〜><

クランク地獄の時の足のアザが消えないよぅ。

来月にある同期の結婚式までには消えるかしら。


今日で1段階のみきわめをパスしました!

(*'∇')/゜・:*【祝】*:・゜\('∇'*)

延長までして万全を期してますからねっ。

ミスなく終わりました。


バイクの2段階は車と違って、

お外には出ないんですけど。



会社の同僚に今日が1段階のみきわめだと言ったら、

「え!hopuchoさん公道に出るんですか \(°o°;)/ 」

と、ひどく怖れられたのですが。


まぁあと数週間は大人しくひっそりと、

構内で我慢しておくわっ。






posted by hopucho at 21:25| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

明日は一段階みきわめ

昨日はサッカーを観て、

意気消沈して、

というか、観ながら飲んでいたので、

酔っぱらって寝てしまいました。

最近家で酔うと、すぐ寝るんですよね〜。


会社の元同期が今、妊娠してて、

rodeoさんも言っていたけどその子からも、

「hopuchoちゃん、妊娠したら2年くらい飲めないんだよ〜」

と言われ、今から心配になっています。

予定はないんですけど。

お金とか仕事との両立とか以上に、

私断酒できるんだろうか、

1番の心配です。

妊娠発覚に1〜2ヶ月あるけど、

その間に赤ちゃんはかなりもう浴びてそうだよ。


地味に毎日元気に2輪教習に通ってます。

教習所と会社は近いので、

仕事のついでに教習に行くのか、

教習のついでに仕事に行ってるのか、

怪しい状態です。


明日は1段階のみきわめまで来ました。

2輪のコースは、

坂道発進、クランク、8の字、

スラローム、一本橋、踏切、急制動(1段階ではなし)

を組み込んだコースとなります。


スラロームはポールが一定の距離で縦に並んでいるところを、

スキーのウェーデルン(小回り?)のように、

左右に車体を傾けて避けながら出来るだけ早く行くコース。


1本橋は幅20cmの高さが5cmくらいある平均台みたいのを、

出来るだけ遅く(普通二輪は7秒以上)

行くコース。


車と比べると、なかなかアクロバティックです。

バイクで一通り回ると、

何か芸が出来たような気分になります。

おひねりおくれよ(´ー`)ノ


なんか、気付いたら

教習時間を3時間くらいオーバーしてるんですけど、

その甲斐あって今日は4周回って

一本橋を1回ミスしたのみ。

公道で事故ることを考えれば、

追加料金なんて安いもんね。もんね・・・・。

3時間オーバーで済みたいところですが。

今日は早く寝ようっと。


posted by hopucho at 22:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

その時は突然来た

ソノ時は突然やって来ました。

クランククリアヽ(´▽`)/


今日はざんざん雨の中、ウインドプレーカーみたいのを

借りて、ワイルドに2時間走ったのです。

「何も考えなくていいから先生の背中を見て走りなさい」

と言われ、やってみると。


目線は遠くを見ているようで、足りなかったようです。

わざとらしいくらい遠くを見るようにすると。

今までの恐怖心が嘘のようにクリアーになり、

するするする〜っと通過。


ついでに8の字は楽勝♪


ポールが引っかからないようになるのは、

2時間の終わり頃でしたが、

いや、感動です。

目頭が熱くなりました。

怖かったもん。

私よく頑張った。

諦めなかった。

やれば出来る子だった。


この歳になっても、

成長するものですね。

肌が曲がり角を迎えても。

新陳代謝が落ちても。


会社の先輩(♀、29歳)が、

「ほしのあき(29歳!)を見ると、勇気付けられる」

と、名言を吐いておられましたが、

本当ですね。


可能性はまだまだありますよ。
posted by hopucho at 23:18| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

今日もクランク地獄

ブログの表題と日々内容がずれているhopuchoです。

現在の脳内は2輪教習のクランクが90%、

その他10%なので、仕方ありません。

もうしばらく我慢して下さい。


クランクがどーしても出来ない。

腕に力が入っちゃってアクセルをふかしてちゃったり、

曲がれなくて道を外れたり、

ふらついて足をつけたり。


やる度に、握る角度が良くないだの、

ニーグリップだの、

視線だの、色々注意してくれるのですが、

あれが出来ればこれを忘れてる。


ひ〜ん(T-T)


完全にハマッてます。


普通の運転でこんなクランクってある?

そもそも北海道で必要ある?

北海道の道路なんて、

ギアチェンジ出来れば走れるんでない?

いやーもう、北海道限定免許とか作ろうよ。

クランク8の字なし、直線重視!!

とかさ。


はいはい、大人しく練習しますよぅ。


次の教習を入れる時、

「hopuchoさん、この1段階が9時間って、

 最短なんですよ。

 本来なら前の時間でクランククリアで、

 今日は8の字なんですよ。」

「はあ」

「hopuchoさん、原付乗ったことないしょ」

「ないです」

「原付乗ったことないとね、

 やっぱり時間かかるんですよ。

 いや、hopuchoさんだけ遅れてるってことは

 ないんですよ。

 みんなクランクで苦労するんですよ。

 こっちも安全に運転して欲しいし、

 ゆっくり、練習しましょうね。」

「はい・・・」

「ちょっと、一時間4千円くらいかかりますけど・・・」

Σ(T□T)

すごく優しく言われてますけど、

要は延長覚悟だな。

はぁぁぁぁぁ。


家で、旦那になだめたりすかしたり、

教えてもらったりしとります。

1人じゃやらないけど、

2人だと頑張れることって、多々あります。

バイクはその最たるもの、

かも知れない。


明日は気分転換に、新聞屋にタダ券を貰ったので

日ハム阪神戦

に行ってきますヽ(o ̄▽ ̄o)ノ





posted by hopucho at 22:07| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

クランク

クランクが曲がれません。

細いし低速だしバランス取れないしで。

変にアクセルふかしたり、

低速になりすぎて、転けること数回。

帰って来て旦那と復習したら、

下半身に力を入れてバイクを安定させるのが、

足りなかったようです。


日々成長ヾ(@°▽°@)ノ


今日は低調でしたが、

欲しいバイクが見つかりました。

これ。

ボルティ.jpg


SUZUKIのボルティ

誰か売って下さいよ(*人*)
posted by hopucho at 21:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

教習2時間目

昨日は何とかバイクに乗れて、

うはうはだったのですが、

今日は初っぱなでブレーキのかけ方を間違えて、

自転車のブレーキみたいにして右手のブレーキをかけすぎて、

急ブレーキになり、

吹っ飛びました。体が。

こえー!

時速が遅かったし落ちたところが草でしたから、

何ともないですけど。


今日は右左折と、ブレーキの美しいかけ方です。

ウィンカーが戻らないのがちと面倒です。

停止もなかなか美しくなりました。

結構走れてます。


私は車のマニュアル操作の覚えが新しいので、

バイクのクラッチ操作とか、割と覚えやすいようです。


というのも、私は2年前くらいに車の限定解除をしているから。


自他共に認める運動音痴なので、

最初AT限定で車の免許を取得したのですが、

2年前くらいの彼が、

「車はマニュアル!」という人でして。

もちろんマニュアルのスポーツカーに乗ってて、

ドライブに行くと、

「あたし運転できないも〜ん」

と言って、ひたすら助手席専門だったのです。


しかしある日、彼がドライブ中にお腹が痛くなったのですが、

お腹が痛かろうが私は運転出来なくて。

痛がる彼に運転させてるのが申し訳なくなって、

お金はちょっと出してくれると言うことで、

限定解除して、一緒にドライブしよう♪

という話になりました。


そのときは付き合って3ヶ月くらいだったのですが、

限定解除までするくらいだから、

長く付き合うことになるのかしら私たち・・・

という話から、なんだかんだで結婚という形になって、

今に至るわけです。

今思うと、

出会って半年で結婚した私たちの、

きっかけだったのかも知れません。


こう見えてプライドが高い私にとって、

やってあげたいことが自然に出来る信頼関係

というのは、簡単そうで難しい、

けど、大切なこと。


車の運転共々、初心に返る思いなのでした。
















posted by hopucho at 22:22| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

初乗車

人生で初めてバイクを運転しました♪


まずはギアチェンジなどの操作の練習。

バイクは、両手両足、全部フル活用するんですねー!

車のマニュアルでも混乱したのにぃ。

左足でシフトチェンジとは!

運動神経の無い私は、

頭で理解しても運動に結びつきません。

筋肉に本当に運動神経が通ってないんじゃないか?

四肢ばらんばらん。


一緒に教習を受けた男の子がすいすい乗っている間、

スタンドを立てた状態で手足をくいくい動かして

練習させられました。

だまってると寒いし、むなしいですぅ。

スタートダッシュの練習をふらふらしながらなんとかマスター。


むなしくなったところで、

教官が運転する後ろに乗っけられました。

風を感じる余裕もなく、

教官の手足をガン見です。


その後はなんと、自分で運転して場内を一週しました。

1速→2速は難しいけど、

速度が出ちゃえば自転車より安定するのね。

ちょっと楽しーじゃんコレ♪


そんな感じで始めの1時間は終了しました。

唯一ほめられたのはやっぱり、

バイクが起こせたこと。

おぉ、力ありますねぇって。


おっかしいなー。

結婚前は、

車の助手席が似合う可愛い女の子になるはずだったのに、

気付いたら私、

膝でバイク抱えて跨ってるんですけど!


でもね、だれかが動かしてるのに乗っかってるより、

自分で動かした方が面白いです。

バイクも、何でも。

そういうことなんだなぁ。

だから共働きしてるのかもなぁ。




posted by hopucho at 22:08| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

適性試験

先日、バイクを起こすというテストに

楽勝で合格した私ですが。

ネットを検索してみると、

女性は結構苦労するらしいです。

一時間かかる人もまれにいるとか。

ふ〜ん。


本日は、

適性試験を受けてきました。

普通自動車免許のと同じ。

間違いを見つけたり、

延々と三角を書かされたりする、あれです。


今更適性からかぁ・・・と思いながら、

普通免許で来た学生さんに混じって、

手をぷるぷるさせながら、

△だの、×だの書きまくりました。


「落ち着きはあるけど判断が遅い」

なんていう結果が、容易に想像されます。


そして、教習所の案内。

だから知ってるてば、と、思いきや、

二輪は二輪のワールドがありました。


まず待合い室は、車の時のロビーと違うのです。

外にある工事現場にあるような事務所で。

ぼろい椅子が置かれ、壁際にはヘルメットと

グローブとブーツ。何やら皮臭い。

そして「バイクにまたがった俺かっこよくね?」

的な生徒と先生の写真。


紹介された先生も、普通免許の先生のように

スーツではなく、いつでもまたがれる格好で。


さすが二輪、教習からワイルド〜ぴかぴか(新しい)


ちなみに普通免許を持っていると、

学科1時間、技能17(だったかな?)時間くらいで

ストレートに行けば、

あくまでもストレートに行けば、取れます。


平日夜に行こうと思ったら、

結構混んでます。

すると、

「朝は6時半からやってるよ」

とのお言葉が。

早起きするほどのモチベーション、

いつかは沸いてくるのでしょうか・・・。

そんな早起きは、

牡蠣祭りに厚岸に行ったとき以来です。


そんなこんなで、

今週は夜に一時間予約しました。

早速マイヘルメット(旦那のお下がり)、

ゴム手、長靴(どちらも農作業と兼用)を

用意しました。

これで、私もワイルドな二輪ワールドに仲間入りです。











posted by hopucho at 23:57| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

趣味もシェア

桜.jpg

市内の隠れた桜の名所、

大企業の敷地内にて、

サンドイッチと駄菓子をお供に

桜をお腹いっぱい味わう

という、のどかな休日、

だったはずなのですが。


気づいたら、

200kgの重さを

持ち上げるという、

テストを受けていた。


自動車学校に連れて行かれてました。

もちろん、普通は取ってますよ。

平均年齢10代と思われる自動車学校のメンツで、

全然違和感がなかったお年頃に。


女性の場合、

ソレを扱えるか、という、テストがあるんですって。


それで、200kgの重さの

倒れているソレを、起こす

という、テストになった・・・ようです。

なんで私こんなことしてるんだろうか、

なんで、旦那はテストに受かるかどうか、

全く心配していないのか、

疑問がぐるぐる頭の中を巡るばかり。


去年、二人で約束をしまして。

旦那は、スキューバダイビングの免許を取る

私は・・・


バイクの免許を取る!


旦那がバイク好きなんだけど、

一人だと乗らんし、

後ろに乗せるのもしんどいので、

免許をとれとれうるさかったんですね。


で、じゃーそんなに言うなら、

代わりに私が持っている、

スキューバの免許を取ってくれるならいいよという、

約束をしたのですが。
(ちなみにスキューバはまだ取っておらず。
 行く予定がないからねー)



私は運動音痴だし、

もう教習所通うのも面倒だし、

冬になったら忘れるだろう・・・

とたくらんでおりましたが、

やつは覚えてたー。


それで、ドライブのついでに、

教習所来ちゃった→テスト受けちゃった→

合格しちゃった→申し込んじゃうかー♪

という、流れになっちゃった。


趣味を一緒に出来る努力をするというのも、

悪くはないかも知れません。

ちょっと面白くなってきたし。


でも、免許取れるかなという心配こそすれ、

バイク扱えるかなという心配をされたかった。

とってもされたかった。

「や〜ん持てなかったぁ」

と言いたかった、女心なのでした。













posted by hopucho at 23:58| ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | バイク免許取得物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。