2006年01月30日

秘密の引き出し

私はデスクワークと立ち仕事が半々なのですが、

私26歳にもなって、

机で30分も頑張れません。


そういえば、私は小さい頃に
テレビに集中出来なくて、

アニメでも30分保たなかった

とハハが申しておりましたが、

3つ子の魂百まで。

ホントに3つ子のようなちょびっとの集中力で
正社員をこなすのは大変です。


そんな私の職場の引き出しには、

ボトルガムと

メンタルヘルスチョコレート「ギャバ」

まるごとおいしい干し梅(ボトル)
まるごとおいしい干し梅


常備しております。

ボトルガムとギャバ、
ボトルガムと干し梅は合うけど、

ギャバと干し梅


合いません!

なんだか、中学生時代の
微妙な女友達3人組を思い出すような、
トライアングルな組み合わせです。


しかしこの干し梅、酸っぱすぎず、
種なしなので食べやすくて

とっても美味しいんです♪


酸っぱい顔をごまかしながら、

チョコの外装でストレスと戦っているふりをしながら、


3つ子の魂をだましだまし、

毎日なんとかやり過ごしております。


というわけで、また月曜ですかぁ。


皆様は、机に何をお隠しですか?

posted by hopucho at 22:59| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

データ疑惑について

今日はちょっとまじめになるかも。

これは、会社員研究職の私の、
個人的観点で書いたものです。
他機関に関しては、認識が
間違っている部分もあるかもしれません。


最近、論文のデータ疑惑が多く聞かれます。

韓国のES細胞データ疑惑が記憶に新しいところですが、

東大データ疑惑
阪大データ疑惑
理研データ疑惑

国内でも。


どこにそんなお金があるのか知らないけど、
あるところにはあるようで

最近、大学とか研究にお金が降るところには降る
という話を聞きます。

そのお金というのは、成果のすばらしさによって
配分が変わるんだけど、

その成果って言ったって、自己申告。

外部のチェックもあります。
だけど専門なので、チェックと言っても
形にすぎない。検証することは難しいのです。

雑誌の最高峰であるネイチャーだって、
見抜けなかったくらいですから。


論文投稿も、お金の申請も

研究者の倫理を尊重するしかないのが
現状ではないでしょうか。


ところが、

お金をいくら引っ張ったか、
前年度よりどれだけ多くなったか、ということに、
評価の比重が高い研究機関

があるという話を聞きます。


そうすると、論文掲載数やデータは
科学真理を表すものじゃなくて、

お金を引き出す数字

になり得る危険性があります。

大体、短期間で成果の上がる研究なんて、
そんなに多いわけないんだ。

うちは、1年にうん百万のお金をもらってきても
何の評価にもならず、
むしろ今後商売につなげなきゃいけないので、
変なデータを出すと後で自分の首を絞めることになるため、

出来ないものは出来ない

と、ちゃんと言ってます。


1〜2年で卒業する
学生がやったデータなんて、信用ならないもの。
自分のを思い出せば分かる。

学生が、分からなくて失敗しているのは、まだ良い。
プロがちゃんとフォローしなくちゃ。
生データ確認しなきゃ。
なのに、何かあったときだけ、

「これは学生がやったデータで・・・」

というのは、プロとして間違っている。


ばりばり成果を上げられない、窓際研究職の

遠吠えです。



posted by hopucho at 20:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

プレゼント♪

学生の時は、肩こりって知らなかったんですが、

お仕事のせいか(え、年とか関係ないよね・・・)

最近肩こりがひどいんです><


昨日は、背中が重たくて、
珍しく寝られなかった私。

しんどくて、旦那に当たってしまいました。


そしたら今日、旦那からプレゼントをもらいました♪

オムロン低周波治療器 エレパルス HV-F128
オムロン低周波治療器エレパレス
「コリも痛みもすばやくほぐす本格派」


今の私には、指輪とかよりなんぼも嬉しいプレゼント

早速肩と腰をもみもみもみもみ・・・・・


ちゃんと、もまれている感じがします。

おぅっとか、はうっとか変な声出まくりです。


うん、なかなか血行が良くなった気がします^^




エレパルスと、

旦那の思いやりがあれば、私もう大丈夫♪


恋愛/結婚カテゴリーって
すっごい色っぽいブログが多い中、


こんな内容でもいいよね?




posted by hopucho at 00:40| Comment(6) | TrackBack(0) | にやり☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

今宵は良い酒じゃ

一晩寝たら事態は好転してました〜♪

駄々をこねるときはこねるものね。


部長の前でさんざんぶぅたれた甲斐もあって、
部長が外部にごり押ししたようです。

私はこれからもバカ正直にいかせて頂きます。


お仕事ってよけいなストレス多いけど、
こういう刺激があると、

「仕事続けるのも、悪くないな」

と、思います。

仕事続けるのは、私にとっては
お金だけのためじゃないんだろう。

や、お金もかなり必要なんですが。


悪いことがあっても、良いことがあっても、

結局のところ、飲んでます^^;

今日は美味しいよ(=⌒▽⌒=)





posted by hopucho at 22:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

愚痴を聞きたくない方はスルーでお願いします><

今日はたぶん

社会人になって一番腹が立った。


まだぺぇぺぇなのだ。

感情をあらわにするのは賢くない。
分かっているけど、そうしないと前に進まない。


上司が、大きい力に丸め込まれたというようなこと。

「ここで腹を立てたって、これからどうするの」
と言われたが、



男の人は、どうしようもないことに感情を表さない。

これからどうするのか、が大事だとさ。


そんな男脳は持ち得てないの。


小娘は、自分ではどうしようも出来ないから、

せめて納得がいかないことは表現するの。


男は縦社会に弱いよな。
そんな上の顔見て、何を守ってるんだろう。


帰ったら旦那ちゃんが、

もりもとのシュークリームを買って来てくれてて、


やっと笑顔になれた(*⌒▽⌒*)

posted by hopucho at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

ほぷちょの仮定

トリノで雪不足らしい。


雲ごと持って行ってくれ。

雪掻いても、除ける場所がないですから。


昨日は寝だめして、何にもしてないので、
今日帰って来てから二人で10日分くらいの
食材を買い出しに行き、
疲れたから夕飯はコンビニ弁当になってしまいました。

こんな日もありますよ(; ̄д ̄) 。


昨日、飲んだくれの話をしたら、
素敵な飲んべえ様の方々からコメントを頂き、


かっこ良く飲んでらっしゃる女性は
結構いるんだなと

安心しきりのほぷちょです。


で、思いついたんだけど、


体質的に、飲めない/飲める の比は、
男性、女性 変わらない


ボーボアールの
「人は女として生まれるのではなく、女になるのだ」
じゃないけど、


男性は飲めなきゃ格好悪く思われる恐れから、
ついつい飲んじゃうけど、

女性は飲めない方が遠慮深いと思われるため、
飲まない。また、飲めなくても無理することない

ことが、ずーっと続いて、

女性は飲めない人が多い

っつう、観念になってるんじゃないの

と、仮定してみた。


これは、どう証明したらいいのかな。
とりあえず、お酒を楽しんでいる素敵な女性は、

意外と多いことが分かりましたw


たまぁに、
「飲めないの」アピールしている
「どうでもいいですよ(byだいた)」的な
困ったちゃんもいますが、


「飲めなく」てちやほやされるのって、

学生時代で終わりじゃない?


社会に出ちゃうと、
「日本酒行っちゃいますか♪」
的な乗りのほうが、喜ばれたりして。

サラリーマンのおぢさまたちは、
ちやほやされたがりちゃんを気遣うには、
疲れちゃってますからね。


や、素で飲めない子は、可愛いと思いますよ。
ええ、ちょっとうらやましいですよ。


「飲めない子」が好きな男と、
おごってあげるの好きな男は、


共働き夫に向かない


これも仮定しておこう。



楽しく飲めるほうが、かっこ可愛いくない?


というか、かっこ可愛く飲みたいです。



posted by hopucho at 21:36| Comment(5) | TrackBack(0) | にやり☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

夫婦で夜遊び

昨晩は、二人で前から気になっていた、

徒歩10分のところにある居酒屋さんで
飲んだくれて来ました。


居酒屋さんは、住宅地にある小さなところで、
20人も入れないような店内を、
夫婦だけで仕切っていました。

入ったら、私たち二人だけ・・・
大丈夫かなぁと思って、とりあえず
生とおつまみをお願いしたら、


美味しかった!


納豆揚げ(かりかり揚げの中に味付き納豆とネギが入ってる)と、
山芋小判焼き(山芋をすってエビ風味に味付けし、焼いてある)、
鳥皮かりかり揚げ(皮についた油はちゃんと削いである)など、


酒好きの心をくすぐる、家庭料理プラスαのおつまみで

しかも安いので、

3時間くらいだべって、
仕事のことやらうちのことやら語り合い、

思う存分、飲んで来ました。


一緒に働いていると、
仕事のことも対等に語りあえるのが、面白いと思いました。
夫婦だけど、社会人の先輩後輩みたいな語りもあり。


最後に、お店のご夫婦に
「うちに来るの初めてですよね〜」
と話しかけられ、

脱サラしてお店を開いたご夫婦のお話しも
聞いて、行きつけになりそうです。


「二人とも良く飲みますねー」
と言われ、

「女の方は、カクテルにいくかと思って、
 見てたんですけど・・・」

と言われたけど、日本酒手酌で飲んでましたが。


だって、揚げ納豆に甘いカクテルは合わん。

世の中の女性って、そんな飲まないの?

「センセイの鞄」でも、女性が
美味しそうにお酒を飲む描写が
しばしば出てくるので、やっぱありでしょ?


結婚したら、ススキノ遠征もあまり出来なく
なりましたが、

二人で夜遊びは、ススキノより面白い。

posted by hopucho at 21:12| Comment(11) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

右脳開発



UTADA EXODUS

旦那のパソメンテも、寝てる間に
早々終わったようで、環境も良くなりました^^


またまた古いアルバムで、
今更話題にするのも気が引けるのですが。

まぁ、個人ブログということで、好きなタイミングで
マイペースにやらせていただきますw


今日は車内でたまたま目に止まった
UTADAちゃんの米デビューアルバムを
何げなくかけて通勤しました。


これ、リリース時にはでき具合も米デビューも
色々批判めいたコメントが多かったように
記憶してます。


私も、和訳を見て、

ウタダちゃん!どこ方向なのこれ???


とぶったまげましたが、

何回か聴いていると味が染みてくる感じで、
今では結構好きです。


日本で活動しておけば、その位置は安泰であるだろうに、
エネルギーを使って米に進出するという
冒険は、簡単にできることでしょうか。


動けばその分、失敗もつきまとうし傷つく。
でも失敗を恐れたら終わり なんだよな

と、ふと気を引き締めたり。


まぁ、庶民な兼業主婦には、
米進出という冒険はないにせよ、

常々考えるということは、必要だなぁと思ってます。


読書は、私にとって
考えるヒントや刺激を得る
一番手っ取り早い趣味です。

で、昨日福利厚生の一つで、
図書カードをもらったので、買ってきました^^


センセイの鞄


tomyさんうさぎさんオススメの本です。

素直が取り柄ですので、勧められたら素直に
読んでみましょう。


ところで、福利厚生の図書カード、
勉強に励んでくださいだとさ。


会社じゃ左脳ばかり使ってガチガチになってる頭、

右脳も活性しないとね。


ではでは感想は読み終えてから語ります^^




posted by hopucho at 15:04| Comment(3) | TrackBack(0) | たまの読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯から

今、旦那がパソコンをメンテナンスしてるようです。私には良く分かりませんが、ハードを何やらいじくってます。
数日で終わるようですが、コメントの返事や皆さんのブログに行くことをお休みすることを、ご了承下さいm(_ _)m
posted by hopucho at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

キャリアか家庭か

昨日は大々的な辞令交付があって、
社内はばたばたしています。

使いまわしのきかない仕事をしちゃってる
私には出る可能性はほとんどないのですが、


一応しがないサラリーマン。
道外、道内地方転勤ありが原則です。


事務系男性なんかは、札幌から宗谷(稚内のちょっと下)
なんて移動もありました。
ここには病院がないそうです。
奥さんが妊娠しても、出産できないとか。


共働きのみなさんって、
夫婦とも転勤ないんでしょうかねぇ。
うちは、私は研究職、
旦那も地方公務員なので、幸いなことにありません。

うちの会社でも、転勤族の旦那についていくため、
辞める女性も多く、もったいないなぁと思います。


でも、しょうがないですよね。
私も、もし転勤があったら辞めるだろうなぁ。
究極、キャリアか家庭かと言われれば、


家庭を取るだろうなぁ。


私の価値観、間違ってないかなぁ。



posted by hopucho at 21:57| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

迷トレード

多くの素敵な女性に誕生日を祝っていただいて、
旦那はちょっと浮かれております。

皆様コメントありがとうございました^^


今日は浮かれてる場合ではありません。

実は私もネット株トレーダーの端くれです。
ボーナス小遣いから5万を元手に
証券口座を開いたのは、半年くらい前。


小遣いで遊び半分と、
旅行資金でもちょこっと稼げないかなぁと欲もあり。

3万円ではじめるネット株なんて本と、
隣に居るトレーダーから色々勉強しました
(ホント何でも頼りきりな妻ですよ・・・)。


最初は勉強のつもりで負けたりもしまして、
今は堅実にちょびちょび伸びてる株を、
権利落ち(配当金や株主優待が出た後に値が下がった株)
後に買っておいてます。


そしたらその後、日経平均が上がって上がって、
怖いのでしばらく静観してたのですが、


ホリエモーン(のび太調)、ライブドアショックだよう。


ライブドアもライブドアマーケティングも、
最近まで持ってましたよ。
社長の行動同様、株価の動きも読めないので、
怖くてちょっとのプラスで売りました。
上場廃止示唆だって。危ない危ない。

今の私の保持株は堅実なので、
あまり値下がり幅はないようで、これは多分
権利確定まで保持しておくかな。


んで、ライブドア社員には申し訳ないが、
この連日の上がり調子に水がさした今回、


これは買い時?


何事もポジティブ思考な私、早速
冬のボーナス小遣いのあまりを証券口座に
昼休み入金したところ、


東証取引ストップ!


ねーホリ衛門にみんな、動揺し過ぎじゃない?


どうなるのかしらねぇ、日本経済と


私の10万円(夏のボーナス時+今日入金した冬のボーナス)!!!

posted by hopucho at 20:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

旦那の誕生日でした

旦那誕生日











昨日は旦那の誕生祭。

滅多にお目にかからないステーキを愉しみました。


今回のケーキは、パリ16区

カマンベールチーズケーキが有名な、
知る人ぞ知る名店です。
シフォンケーキ、美味しかったです。
甘すぎず、ふわっふわでした。

食べたい物選びな〜と言いながらケーキに走る私に、

「それってほぷちょが食べたいんでしょー?」

とツッコんだ旦那も大満足でした。


プレゼントには、

ラジコンヘリ

をご所望(最近大奥かぶれな二人)。

しかし何事にも真剣な旦那は、
熟考期間が足りないらしく、
よくよく調べて買いたいようなので、
調べ尽くして満足するまで、お預けでいいそうです。

ちなみに昨年は、PSP。


おもちゃばっかりだよ・・・。
(と言いつつ、私も買ってしまった。そしてやりこんでしまった。)

当日はちょっとした小物とカードをあげました。


自分で稼いだお金で、
パートナーへプレゼントを買って、
喜んでもらえると、

頑張ってお仕事しててよかったなぁ

と、ちょっと自分を誉めたくなる瞬間です。



posted by hopucho at 22:29| Comment(7) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

掃除グッヅ

今日は、
ユニクロと100均 に行って、

いっぱい買えたね〜

とご満悦です。


あ〜独身のときは、フランドル系列のバーゲンに
走る時期であったろうに。


帰ってきてから、ちょこちょこと
普段のお掃除をしました。


お掃除は、大嫌いなんですが、
その分、

楽できそうなお掃除グッヅ


を色々試してみております。


最近のヒットは、

流せるトイレブラシ


ブラシのところだけ、使い捨てになってるんです。
しかも、洗剤がブラシに付いているので
洗剤要らず!

これ、水の溜まっているところじゃ、溶けるんじゃ
ないかなぁと思ったのですが、

溶けません。

でも、ちゃんと流れます。


ちょっと気になったときに、ちょこちょこ
こすればいいので、気持ちが楽ですよ。


それで、ネットをちょっと調べてみたところ、
こんな記事がありました。

こちらから、ちょっと拝借。

北里環境科学センターが、11/5に開かれた日本防菌防黴学会において発表したという「トイレ環境」の調査結果は、とても興味深い内容でした。

北里環境科学センター微生物部の研究グループが行ったのは、一般家庭10世帯から提供されたトイレの掃除ブラシ11本と収納箱8個を、専用の液体で細菌とカビを分離し、培養して数を調べるというもの。

その結果の細菌の数は、掃除ブラシで10万〜1億個。
そして、掃除ブラシの収納箱では100万〜1億個のいう数。

ちょっと想像し難い数ですが、これは「汚い川か下水道並みの汚染レベル」ということなのだそうです。

トイレ掃除をした後って、その掃除に使ったブラシの水切りを必ずしますよね。
便器の縁でトントンって。

ところが!、この水切りがさらにトイレを危険な空間にしてしまっているという結果まで報告されました。

切った水は前と左右に1メートル以上飛び散り、ブラシに付着した菌が水切りによっても広まることが浮き彫りになったのです。


やだなぁこんなお仕事。
うちはトイレ会社じゃなくて良かったよ。


というのは置いて、
ブラシの収納箱が意外にくせ者なんですねぇ。
こう言われちゃうと、恐ろしくなっちゃいますね。


最近は、楽で手間いらずの商品がいっぱい出てますね。
バケツ出して、洗剤選んでとかなると、
もうそれだけで面倒でやる気なくしちゃいますもん。


ものぐさには、より楽なことが、
掃除を継続させる大事なことです。





posted by hopucho at 19:16| Comment(3) | TrackBack(0) | hopuchoのお買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

らむしゃぶ

休日は、頭を会社のロッカーに置いて休んでるので、
ブログ向きの頭になりません。

今日は二人でしゃぶしゃぶを頂きました。


ところで、ラムしゃぶ って、北海道だけですか?


庶民な道産子である二人は、

ラムが一番落ち着くなぁ


という意見で一致したんですが。

posted by hopucho at 21:19| Comment(6) | TrackBack(0) | おそとごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

家に持ち帰るのは話しだけ

「ほぷちょがお仕事の話すると、
 怒ってるみたいで、身構える」



と言われた。


むむぅ

お仕事でのコーフンが冷めてないんでしょう。


というか、いつの間にそんな
恐妻家のようなことを言うんでしょうかねぇ。
全く身に覚えはありませんが?


私も、イヤな話しは家に持ち込みたくはないんだけど、
でも、話さずにはいられないの。


そこまで私、人間出来てないの。


あ〜穏やかな日々を過ごしたいもんである。


「でも、分かるからいいよ〜」

と言ってくれたので、


せめて



「ただいま」


のときは笑顔になろう。




posted by hopucho at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

大人になったもんだ

最近、アムロちゃんのCDをたまたま借りてみた。
(そう、大奥のDVDを探したついでに。)

Queen of Hip-Pop / 安室奈美恵



アムロちゃん、こんなに成熟したのねぇ。
とっても潔い歌いっぷりである。


私とアムロちゃんは同年代。
私の青春時代はアムロ全盛期で、
本気でアムラーの友達もいた。

私は朋ちゃんが好きだったけど。


そんな時代を思い出しながら、
大人になったなぁと変な感慨にふける。



今週、私はある研究結果の虚構を暴こうとしている。




続きを読む
posted by hopucho at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

今更大奥ブーム

ホンっト今更の話なんですが、

昨年末に高視聴率だったドラマ、 「大奥」


我が家では、リアルタイムでは全く見てませんでした。

実家ではハハがもちろんのようにはまっていたので、
1章あたりのは何となく見てたけど。



毎週欠かさず見るの無理そうだし、
旦那がドロドロした話は好きじゃないだろうなぁ

と思ったから。


ところがある日、土曜あたりにやってる再放送を
何気なく見たら、


「これは面白い♪」


旦那がはまってしまった。


なにやら、歴史物っぽい感じと、キャスティングの良さに
見ごたえを感じたらしい。


はまると完璧主義の旦那なので、
一章から見たくなったらしく、
ビデオ屋を2店回る気の入れよう。


ドラマの新たな面白さに気づいた旦那、
の新たな面白さに気づいた私。


二人で大奥のテーマソングを口ずさんでいる、
世の中の流れとは全く関係ない我が家。



こんな面白い我が家での3連休が終わって、
これまたしょっぱなから仕事で問題が表面化。



研究は自然の摂理を享受すること。
思惑で手を加えてはいけない。



と、自分の為に書き添えておこう。



posted by hopucho at 21:22| Comment(3) | TrackBack(0) | にやり☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

家の写真をメインにしたら、ハウスメーカーの年賀状かと思ったと言われました

このブログの存在は、
あんまり恥ずかしいので会社関係の人には
秘密にしているのだが、

ごく親しい友人には
細々とご連絡しておいたところ、
年賀状で、

「ブログみてるよ〜」

という方がちらほらいました。


あざーす。


コメントも頂きたいところですが、
自分でブログでも書いてないと、なかなか書きづらいだろうなぁと

自分に納得させてますよ。ええ。


中に、

「私も○○(私めにございます)を見習って、
毎日お気楽(?)にたのしく過ごしたいです。」


と言って来た方がいました。


これは嬉しい♪



共働き(に関わらずですが、)など、忙しい主婦さんって
ストレス多いと思うんですよ。

仕事はもちろん。
家事がちゃんとできないストレスって、
なかなか理解されがたい。


部屋が汚い、毎日ちゃんとした料理が作れない、
仕事に疲れているのに家でも立たなきゃいけない、
実家の母の完璧さと違う、
同じく仕事してるのに旦那の協力が期待通りではない、
(これは、一般論として)


そんなストレスと闘っているみなさんがこのブログを読んで、


あはは


と気分転換してくれればいいな、

と、思って始めたこのブログ。



世の中の仕組みってもんは、
大多数に有利になるようになってるじゃないですか。


共働きの家庭が増えたら、
共働きが生きやすくなる環境に動いていくでしょ。


そんなエゴを発信しているブログです
o(o o)○シヨワツチ!(o|o)×‥‥・・・・・・━。



posted by hopucho at 03:19| Comment(8) | TrackBack(0) | おうちごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

雪害に遭われた方、大変お疲れ様です。

うちのハハが、昨晩伯母を見舞うため、
電車で秋田に向かいました。


ところが秋田県、昨晩は大雪でひどい交通傷害。

私も心配して、電車の中であろうハハにメ-ルをしました。

:秋田、雪すごいみたいだね!
あまり無理せずにね。


ハハ:隣の席、若いお洒落な男の子だよ。ラッキ-


・・・・・


心配した私がバカみたいじゃないか。


あの、娘に心配かけまいと気配りをしたわけではありません。


ハハ、本音です。



そう言えば、一年前くらいに、
ハハは新聞投稿にはまってたときがありました。

ある日、

「川柳が載ったから、見てくれ♪」


というので、

ハハ、どんな高尚なことを謳ったのかと思いきや、


ぺ・ヨンジュンへの恋心
が切々と謳われておりました。



実家にいたころは気づきませんでしたが、
離れてみて、色んなうちの話を聞いたりすると、


うちのハハってぶっとんでんのかも


と、最近気づきはじめ、ネタにしてみる今日この頃です。

posted by hopucho at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | にやり☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「博士の愛した数式」

昨日、社長挨拶を拝聴しに本社まで行く
電車の中で読みました。


博士の愛した数式

前から話題作ではありましたが、文庫本が出てたので。
そして、今月には映画が放映されるようです。
うぅ、ミーハー読書^^;
本を読む時間が少ないもんだから、どうしても
話題作つまみ読みになってしまいますね。


記憶に障害のある数学者と、その家政婦と子供の
淡々とした日常。
すごく静かで、ハッピーエンドなどあり得なく、
繊細な文章でした。


私は、現役のときに数学が一問も解けなくて、
数学で浪人したくらい数学苦手で、
「ルートくん」(家政婦の子供のあだ名、頭が平たいため)
なんて言葉が出ただけで、

うわっ

と腰が引けてしまいましたが、
数学について非常に右脳的な表現が素敵でした。


「記憶に障害のある」っていう設定が、
ちょっと韓流ぽくて、ずるいなぁと思います。


この博士は、障害があってエキセントリックな人のように
描写されていますが、私はむしろ共感する部分が多々ありました。


この博士のように、
誰でも何か障害やなんらかの偏りがあるもので、
博士のように見るからに変な人より、

普通に見えて本人も自覚していない方が

よっぽど怖い、と思います。

博士より、隣に住む健常者の義姉の表現のほうが、
恐ろしさを感じる。


犯罪者が捕まったとき、よく
「そんなことするような人に見えなかった」
という近隣者がいるように、

みんな奥底にはエキセントリックな部分があると思いました。


博士は、毎朝メモを見て、自分は記憶障害が
あるということを自覚するので、
そこはとても残酷で、自分の想像力のなさを
痛感します。


私だって、毎朝パジャマの襟に

「私は片づけが出来ません」

なんてメモをを見たら、やりきれないですものねぇ。
(うっ、やっぱり想像力なし。)


乏しい想像力で、色んな人を受け入れられる
大きい人になりたいなぁ。



今年から、心の病で休職していた先輩が
同じ係で復帰して来ました。

この職業、心の病になる人が多いらしい。

私が出来ることはあまりないですが、

負けないで

と願ってます。



 

posted by hopucho at 00:58| Comment(5) | TrackBack(1) | たまの読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。